« 2016年11月 | トップページ | 2017年4月 »

こんばんわん

今年もマターリやっています。

春が近づいてきましたね^^
実は仲間内でフェイスブックをやっているのですけど、投資に関して反応が鈍くてどうしようもないんです。なので、この独り言を好き勝手書くのです。

導入された確定搬出年金は絶対やれよ!
と仲間を思ってフェイスブックに書いてみたところでなしのつぶて。
そりゃ、そうですよね。みんな今の生活に必死なのですから。
唯一、返答があったのが(しかもラインで)、二馬力エンジンの人。

所帯持ちには厳しいのかな。

でもね、今のご時世、今の会社で頑張って、頑張って、どれほど所得があがるのか。
私の会社だけかもしれませんけど、私は2000年に気づいた。
どれだけ働いても、200時間残業したところでお金はくれない。
200時間残業?他の人が150やってるなら、のこり50。
50なんて3日も休みを召し上げられたようなもん。
誤差の範囲内の給料UPで3日も休みを召し上げられて、早く来て、遅く帰る。
なら、その労力を自分のために使えないか?

そのあと、ボーナスが減り、成果給を導入してアホな会社人間がパイの奪い合いをして、能力ある若者を上げなくなりました。若者は離れ、以前に比べて三分の一の賞与で労力は数倍。普通に考えてあり得ませんよね。

私は2000年当時、これは自分で稼ぐ手段をもう一つ作らねばならないと思ったのです。
会社をやめるつもりはありません。ただ、労力の単価がおちていくだけ。
本給は変わりません(昇給は減る)から、賞与の問題なのです。

今でも賞与の時期になると、文句をいう人がいます。
たぶん頑張っているのでしょう。会社にとってはありがたい。
相場的にはカモですね。

だって、会社はあなたがいくら頑張っても、払えるサラリーに限界があるのですから。

2000年から17年。こつこつやってきました。
年収100万円を超えたときは嬉しかったなぁ。

昨年の私の会社外の年間利益は手取り300万円です。
一昨年は手取り250万円です。

朝早く出社し、誰よりも遅く退社。
2000年から17年、
休みもとらず働いて、ボーナスは1割増えましたか?
平均レベルが下がっているので実質減です。
私はボーナスなどずいぶん前に凌駕しました。
次に目指すのは年収。
2000年当時、早期リタイアを望みました。
まだまだ先です。仕事はやめません。会社がつぶれるのが先か、自分が自立するのが先か。勝負の真っ最中。

同僚のグチは無意味なほど悲しい。
私はいつも言っている。何か儲ける手段を他に見つけるべきだと。
もちろん私も足りない。全然足りない。
それどころか、欲しいものも買うことも躊躇してしまう。

別にお金をけちるわけではないのだけれども、2015年5月から財布を分けました。
光熱費などの引き落としで持っていかれる月間必要経費はサラリーで。
それ以外の食費などの生活費は相場でまかなおう、と。

もうすぐ2年です。
がんばってます。
欲しいカメラは買えません。
2月までの収支は手取り60万円超えました。
カメラは30万円ぐらいです。
でも、60万円なんて半年でなくなるでしょう?
月間10万円は使います(光熱費以外で)
おいそれと使えないのです。

それを言い出せばいつまでたってもカメラは買えない。
どうしようか、苦悩の日々です。
年収450万円(手取り)
2010年に志した数字です。
これを超えるまで、おいそれと使えない。
そして、これがスタートラインですから。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年4月 »